1. 一般社団法人 東北経済連合会
  2. プレスリリース一覧
  3. 東北の景気動向(平成19年10月中心)(第31号)
 今月の基調判断は「生産は堅調に推移しているものの、持ち直しの動きにやや足踏み感がみられる」と4カ月連続で横這いの判断となりました。

 生産は、一般機械、電子部品・デバイス等が高水準を維持しており、堅調な動きを続けています。個人消費は、持ち直しの動きもみられますが、全体として力強さを欠いており、弱めの動きが続いています。住宅投資は建築基準法改正の影響が依然として出ており、持家、貸家、分譲いずれも減少し、6カ月連続で前年を下回りました。公共投資も、6カ月連続で前年を下回りました。雇用は、地域により低下傾向が出ており、全国との格差はやや広がっています。企業倒産は、件数が大幅に増加し、業種は全業種にわたっています。

東北の景気動向(平成19年10月中心)

プレスリリース一覧に戻る

ページの先頭へ戻る