1. 一般社団法人 東北経済連合会
  2. 東北の景気動向

東経連の活動

東北の景気動向

東北・新潟における生産動向や個人消費動向、住宅投資・公共投資、そして雇用・企業倒産などに関するデータ及び解説を、毎月掲載しております。


最新情報

基調判断:「依然として厳しい状況であるが、緩やかに持ち直しの動きが見られる」

 

 個別項目をみると、鉱工業生産指数は前月比6.1%減と3カ月ぶりで低下した。個人消費について、百貨店・スーパー販売額は前年同月比0.3%増と3カ月連続で前年を上回った。コンビニエンスストア販売額、ドラッグストア販売額は前年を上回ったが、家電大型専門店販売額、ホームセンター販売額は前年を下回った。乗用車新車登録・販売台数は前年同月比14.9%減と12カ月連続で前年を下回った。新設住宅着工戸数は同7.8%増と2カ月ぶりで前年を上回った。公共工事請負金額は同16.6%減と2カ月ぶりで前年を下回った。非居住用建築物着工床面積は同51.5%増と9カ月連続で前年を上回った。有効求人倍率は1.40倍で前月比0.01%ポイント上昇した。企業倒産件数は前年同月比72.2%増と5カ月連続で前年を上回った。景気ウォッチャー調査に置ける現状判断DI(季節調整値)は55.1となり3カ月連続で前月を上回った。
 5月末時点において、企業の生産活動は、半導体等部材不足・出荷時期の調整等により、足踏みの状況。個人消費は、内食等ウィズコロナ関連需要の底堅さ、人流のさらなる増加等で着実に回復している。ただし、足元では、エネルギー価格および物価上昇の継続、円安進行、さらに直近のコロナウイルス感染第7波の到来も含めた景気マイナス要因の増加・進行による持ち直しの腰折れ懸念あり。

 

 

ページの先頭へ戻る